脂が乗ったとれとれの肉厚国産鯖を厳選し、
黒米を使いやさしい紫色の酢飯を合わせた
〆鯖寿司 「紫絵巻」
ご注文はこちらまで
black phone0794269482 メールはこちらmail



2011年12月08日

親は子の鏡



子どもが小さい頃 小児科の先生が云われました。

「お母さん方が子どもを育ててると思っておられるでしょう?
 そうではありませんヨ。
 子どもを通して『母』として、育ててもらっているんですよ。
 自信を持って『子の鏡』になりましょう。」

「蔵の宝より身の宝、身の宝よりも心の宝。」

40年にもなりますが はっきりと先生のお顔を覚えています
  


Posted by くんちゃん  at 17:03Comments(0)家族

2011年08月29日

才能?



一品入れのタワーです。

年2回の大掃除は孫たちが手伝ってくれます。

回を重ねる度に子どもの成長には目を見張るものがあります。
昨日まで出来なかった事が、今日出来、
反対に私など昨日まで出来ていたことが今日出来ない情けなさ…

6年生になった孫は私に敬語を使うようになりましたものネ。
段々大人らしくなっていくなぁと思っていたら、
掃除に飽きて手持無沙汰だったのでしょうか?
一品入れを取り合いしながら、組み上げていました。
やっぱり子どもらしいです。

大人では思いつきませんネェ…
  


Posted by くんちゃん  at 16:40Comments(0)家族

2011年08月24日

家出~私と妹の場合~



あれは何年生の頃でしたでしょう…
小学2年生か3年生だったと思います。

5人兄妹の長女の私は2つ下の妹に、
「キヨちゃん、こんな怒られてばっかりやったら もう家出しようか?」

全財産の200円を握りしめ、日曜の早朝家を出ました。

行くあてもなく、朝ごはんも食べず…。

お昼はあんパンを1つずつ食べ、3時にアイスキャンデーを1つずつ買って食べました。

夕方になると、お金もないし怖くなったので家に帰りました。
母「朝の早うから家の手伝いもせんとどこへ行ってたんや!!ムカッ
私「2人で家出しててん」
母「そんな、家が厭やったら出て行き!」とまたもや叱られました。

「もう家出なんかせんとこな~」と妹と誓いました。
あれから55年になります。
  


Posted by くんちゃん  at 15:29Comments(0)家族

2011年07月27日

家出~子どもの場合~



私がまだ大阪で商売していたころ、子どもたちは小学生でした。

いつものように何かの事で子どもたちを叱って「出て行きなさい!!」

叱ったことも忘れて店におりますと、従業員のOさんが電話をかけてきてくれました。

「女将さん、私、店から帰る途中 国道沿いを歩いてる小学生を見掛けたんです。
 こんな遅くにランドセル背負って、4人並んで歩いてどないしたんやろうと思ったら、
 女将さんとこの子ですやんか!
 『お母さんに怒られて出て行けって言われたから家出てきてん』って…
 何があったんか分かりませんけど、私に免じて赦したって下さい。
 今から送っていきますから。」

その日は素直に出て行っていたようです。
夜の9時に小学生がランドセル背負って1列に並んで歩いていたらびっくりしはりますわねぇ…
夕飯まで食べさせてくださって、送り届けてくださいました。

多くの方に助けて頂いて子育てってできるんですねぇ。ありがたいことです。
子どもたちは今も仲がよく、私を助けてくれます。
  


Posted by くんちゃん  at 16:08Comments(2)家族

2011年07月19日

家出~孫の場合~



先日、小6の孫息子が私の店まで家出してきていたそうです。

近頃は勉強量も多くなり、宿題も増えて来ているためか
夕飯までに宿題が終わらない。終わらせようと努力しているように見えない。

何度注意しても聞かないので、嫁が「言うこと聞かれへんねやったら出て行きムカッ!

いつもならしばらくすねた後、ごめんなさいと言うところが
その日は10分ほどしてから妙に落ち着いて「分かった。出て行くわ」

「そうかそうか。早よ出て行き!
 出て行くからにはそれなりの覚悟があるんやろなあ。帰ってきても入れたれへんからな!!」

出て行ったきり10分待っても20分待っても戻って来ない。

急に雨脚も強くなってきたので息子が心配して近所をウロウロ。

もう20分ほどしてケロっとした顔で歩いて戻ってきた孫息子。
探しに出ていた息子に会うとホッとした顔だったそう。

「どこ行っとったんや!」
「ん?おばあちゃんのお店。」
「おばあちゃんにちゃんと話ししたんか。」
「ううん、してへん。店入ってへん。雨宿りさしてもろただけや。」
「おばあちゃんになんて言うつもりやったんや。」
「一晩だけ泊めてくださいっていうつもりやった。」
「もう家出したらアカンぞ。」
「うん。もうせえへん。」

いつでも来てもらっていいけれど、ほいほい来るようになっても困りますものネェ。
  


Posted by くんちゃん  at 15:33Comments(0)家族